メール配信サービス

acmailer(エーシーメーラー)の特徴・評判・口コミ・料金・使い方を解説

acmailer

「acmailerはどんなシステムなのか?」「クラウド型のメール配信システムとはどう違うのか」など導入前に気になっている方も少なくありません。

acmailerはCGI型のシステムで、一度インストールしてしまえば月額料金を支払う必要もない上、配信数や登録アドレス数にも制限がなく運用コストを抑えられるのが特徴です。

その一方、導入するには自社サーバーが必要になるため、対応しているサーバーを所有していない方はacmailerに対応したサーバーの導入も必要になります

このページでは、「acmailer(エーシーメーラー)」の特徴や導入前に知っておきたい注意点を解説します。

一読することで「そもそもacmailerを利用すべきか」など失敗しないためのポイントがわかります。

acmailer(エーシーメーラー)とは?

acmailer エーシーメーラー

出典:acmailer.jp

「acmailer(エーシーメーラー)」は株式会社シーズが運営するメール配信システムです。

クラウド型メール配信システムと異なり自社サーバーにインストールして使用するCGI型のシステムです。

無料のプランでも顧客リストの条件を絞った配信など豊富な機能が搭載されており、高い到達率を実現しているのが特徴と言えます。

acmailerの4つの特徴

1. 絞り込み配信で顧客に合わせたメルマガ配信が可能

acmailerは絞り込み配信を利用して登録された顧客リストの中から、年齢・性別・住んでいる地域など細かく条件を設定することでターゲットを絞り込んでメール配信ができます

ターゲットに合わせて本文内容や文体などを細かく調整することで最適なタイミングで、顧客の求める情報を提供でき信頼関係を築けるのです。

また、顧客情報に自由項目として最大10項目の設定ができるため、より細かくターゲットを絞り込め、それぞれの顧客に合わせた配信が可能になるでしょう。

2. サーバーに負荷をかけないスロー配信で到達率アップ

acmailerは自社サーバーにインストールして使うCGIタイプで、ローカル配送、外部SMTPなど4つの配信エンジンからサーバーに最適な配信エンジンを選択することで高い到達率を実現しています

具体的には、acmailerに実装されているスロー配信機能によりメルマガの配信速度をあえて遅延させることで、サーバーに負担をかけずにメルマガ配信ができるのです。

一度に大量のメールを配信するメルマガ配信では、スパム判定を受けてしまうことが多いのが難点ですが、スロー配信機能を使うことでスパム判定を受けにくくなり高い到達率が保てています。

3. 空メールを送信するだけで簡単にメルマガ登録

acmailerでは、空メールを送ることでメルマガ登録が簡単に行う機能が備わっています

空メールの作成の際には、acmailerのQRコード作成機能を使うことで自動で空メールが作成できメールアドレスの入力やメール作成の手間をかけることなく空メール送信が可能です。

空メール送信後には本登録に必要な情報を記載できるフォームが自動送信されるので、本登録までの一連の流れをスムーズに行えます。

このように顧客のメルマガ登録の負担を減らし、登録に対する億劫さやハードルを下げることでメルマガ登録数の増加にも繋がると考えられます。

4. メルマガの解約通知機能

acmailerの機能には顧客がメルマガを解約したときの通知を受け取る機能が備わっているため、顧客動向をリアルタイムに把握するのに役立ちます

また、リアルタイムでメルマガ登録者がわかるため、メルマガ配信の改善や対策をすぐに行えます。

他のメール配信システムでもこの機能が実装されているシステムは少なく、acmailerの特徴の1つと言えます。

acmailerの利用前に知っておきたい3つの注意点

1. 利用するにはサーバーが必要

acmailerはクラウド型のメール配信システムと異なり、自社サーバーにインストールすることで使えるCGI型のメール配信システムですので、自社のサーバーが必要になります

レンタルサーバーによってはacmailerが利用できなかったり、一部機能が制限されることがあるため注意が必要です。

以下は、レンタルサーバー別での動作確認済み機能一覧です。

基本動作空メール不着抽出予約配信
ACサーバー
Xserver
さくらインターネット
(ライト以外)
さくらインターネット
(ライト)
××××
ロリポップ××
ヘテムル××
カゴヤ 共用サーバー××××

上記の通り、全ての機能が問題なく利用するためには「ACサーバー」「Xserver」「さくらインターネット(ライトプラン以外)」のいずれかを利用する必要があります。

その他のサーバーでは、正常に動かないこともあるため、事前に注意しましょう。

2. 無料版には著作権表示がある

acmailerでは基本的にほぼ全ての機能を無料で使用できますが、無料版には著作権表示があるため注意が必要です。

主にメールアドレス登録・削除フォームや管理画面などに著作権表示テキストが表示されます

著作権表示を消して使用したい場合には、CGIライセンス版の購入が必要になります。

3. 無料版には機能の制限がある

acmailer無料版では一部機能に制限があります。

例えば、登録可能なアドレス数には制限はないものの、1度に配信できるメールの件数は最大でも10件までだったり、ステップメール機能も無料プランには実装されていないのです。

acmailerの料金プラン・かかる費用

acmailerには4つの料金プランが実装されています。

プラン月額料金(税込)サポート
フリープラン0円×
CGIライセンス17,600円×
DB版55,000円
標準サポート
DB版+オプション99,000円
テクニカルサポート

acmailerのDB版はセキュリティやカスタマイズなどの自由度が向上したバージョンとなっており、さらにサポート機能もついているためメール配信システムを導入するのが初めてという方にはおすすめです。

配信数や登録アドレス数に制限もなく、自社のサーバーにインストールしてしまえば、クラウド型メール配信システムと異なり月額費用などを支払う必要もないため比較的コストを抑えられるでしょう。

acmailerの評判・口コミ

良い評判・口コミ

携帯メルマガを無料で始めたいならacmailerがおすすめ

少し試したけどよくできてる

悪い評判・口コミ

テスト送信がうまく動かなくなった

まとめ

acmailerは導入の際に自社サーバーにインストールして使用するメール配信システムのため動作が保証されたサーバーが必要です。

しかし、一度インストールしてしまえばメール配信数や登録アドレス数に制限がなく利用できるため運用コストを抑えたい方にとってはおすすめのメール配信システムと言えます。

一方、フリープランには著作権表示テキストが表示されたり、一部機能が使えなくなってしまうため注意が必要です。

-メール配信サービス

© 2021 Bizpicks [ビズピックス]|起業家・経営者のためのIT情報メディア