メール配信サービス

アスメルの評判・口コミ・料金・使い方を解説

アスメル

「アスメルにはどんな特徴があるのか?」「運用コストはどれくらいかかるのか」など導入前に気になっている方も少なくありません。

アスメルのステップメール機能は、日本のメール配信システムの中でも初めて配信数やシナリオ数無制限を実現したサービスです

一方、開封率やクリック数などの測定機能はテキストメールの配信では使用できないというデメリットもあります。

このページでは、「アスメル」の特徴や知っておきたい注意点を解説します。

一読することで「そもそもアスメルを利用すべきか」など失敗しないためのポイントがわかります。

アスメルとは?

アスメル

出典:jidoumail.com

アスメル」は株式会社レジェンドプロデュースが提供するメール配信システムです。

クリック数や開封率の測定機能ステップメールなどメールマーケティングに必要な機能が揃っています。

また、専用のIPアドレスを使って配信することもできるため、自社サーバーから配信するように他のユーザーの影響を受ける心配もありません。

アスメルの4つの特徴

1. 開封率、クリック数の測定でメール配信を改善できる

アスメル 排風率 クリック率

出典:asumeru.net

アスメルでは配信したメールの開封率やクリック数がわかる測定機能が搭載されており、読者の動向やどんなメールに興味を示したかがわかるようになっています。

メルマガに記載されたURLを読者がクリックすることで、クリック数が計測されるという仕組みとなっており、スポット配信の履歴一覧から開封率や開封回数などをそれぞれ確認できます。

この測定機能を活用することでどんなメールが開封されやすいのかという傾向がわかり、メルマガ配信の改善に役立つでしょう。

通常、メールに添付されたURLは到達率に影響を与えることがありますが、アスメルではURLの変換機能を使うことで、メールの到達率を下げることなく開封率の測定が可能です

2. ステップメールの配信数・アドレス登録数が無制限

アスメル ステップメール

出典:jidoumail.com

アスメルのステップメール配信は月々のメール配信数やアドレス登録数、シナリオ数が無制限です

メール配信システムの中には配信数やシナリオ数に制限のあるシステムもあり、上限を超えるごとに追加の料金が発生する恐れがあります。

しかし、アスメルでは月額の固定料金を支払えば、配信数やシナリオ数に制限なくメールを配信できるのです。

制限なく配信できるステップメール機能によって継続して読者に情報を提供することができるほか、名前差し込み機能や属性の絞り込み機能によって読者に合わせたメルマガ配信も可能なので、メルマガ配信の顧客満足度にもつながるでしょう。

3. 専用IPアドレス取得で専用サーバーのようにメルマガ配信可能

アスメルではアスメル・プラチナNEOに加入することで専用のIPアドレスを取得できるため、到達率の高いメール配信が可能になります

アスメル共有IPプランでは他のユーザーと共有のIPアドレスを使用するため、他のユーザーがスパムメールに配当する行動を行った場合に、影響を受けてしまう恐れがありました。

しかし、プラチナNEOなら専用のIPアドレスによって他のユーザーの影響を受けることなく、まるで専用のサーバーで配信をしているかのようにメール配信が可能になります。

4. 初心者にも安心のサポート体制

アスメルはメール配信システム初心者にとっても安心のサポート体制が整っているのも特徴の1つと言えます。

電話やメールでのサポートに加え、動画やPDFによるマニュアルなども完備されており、メール配信システム初心者の方でもある程度アスメルを使いこなせるようになるでしょう。

また上記のサポートに加えて、月に数回の頻度でアスメルの初心者用講座が開催されています

参加人数に制限はあるものの、参加費が無料でありZOOMなどのWeb会議アプリによって全国から参加することが可能なのです。

アスメルの利用前に知っておきたい3つの注意点

1. メールの開封率、クリック数の測定機能はHTMLメールにのみ使用可能

アスメルのメールの開封率やクリック数の測定機能はHTMLメールでしか使えないため注意が必要です。

テキストメールの開封率などは測定できないため、測定機能を使いたい場合にはHTMLメールで配信するようにしましょう。

2. ステップメールの配信回数設定の変更時にメールが削除される

アスメルではステップメールの配信回数を減らす場合には、作成したステップメールが削除されてしまうという危険性があります。

配信回数の設定画面では設定の際に、ステップメールが削除される旨を伝える警告などは表示されないため、事前に消えてしまっていいメールなのか確認してから設定するようにしましょう。

3. 一部キャリアメール向けの配信には文字数制限がある

アスメルでは基本的に配信するメールに文字数制限はありません。

しかし一部ドコモなどの携帯メールアドレスに対して配信する場合には、文字数制限がかかってしまうようです。

各携帯メールアドレス向けにも配信予定がある場合には文字数制限を把握して調整するようにしてください。

アスメルの料金プラン・かかる費用

アスメルの料金プランは2つです。

プラン初期費用(税込)月額費用(税込)
アスメル15,980円15,980円
プラチナNEO3,333円8,888円

アスメルにはお試しプラン・無料プランといった料金プランはありません。

しかし、申込日から30日以内であれば全額返金保障制度が適用されるため、安心して試してみることができます。

また、プラチナプランは2021年6月時点では、通常プランに契約してるユーザーのみに提供しているため注意が必要です。

アスメルでは、それぞれのプランで月額料金を支払っていればどれだけ配信数、登録アドレス数が増加しても余分に請求されることはないため、安心して使用できるでしょう。

アスメルの評判・口コミ

良い評判・口コミ

容量無制限だから使いやすい

容量無制限なのでかなり使いやすいです。

しかも値段も月額3000円位で仕えるのでかなりお得です。

メルマガを始めてみたいという人にオススメだと思います。

引用:知恵袋

悪い評判・口コミ

設定がうまくできない

アスメルのバックナンバー設定がうまくできません。

「テスト送信されたメールに記載されたURLは進行状況(配信数)が存在しないため、愛用を表示することができません。」

とエラーメッセージが出てしまいます。

引用:知恵袋

まとめ

アスメルは月額の固定費を払えば配信数、登録アドレス数、シナリオなどに制限無く使用できるため、運用コストを抑えたい方にとってはおすすめのサービスです。

一方、開封率やクリック数などの測定機能はHTMLメールでしか使えないというデメリットもあるため注意が必要です。

-メール配信サービス

© 2021 Bizpicks [ビズピックス]|起業家・経営者のためのIT情報メディア