メール配信サービス

メールチンプ(Mailchimp)の評判・口コミ・料金・ステップメールの使い方などを解説

メールチンプ

「メールチンプとはどんなシステム?」「外国のメール配信システムって使いやすいの?」など疑問を持つ方も少なくありません。

メールチンプは、無料プランでもメルマガ登録者数が2,000件まで登録できる上、レポート機能などの機能も使えるため十分な機能を搭載しています

一方、外国のメール配信システムのため、操作画面は基本的に英語表記となっており、英語への苦手意識を持つ方にとっては不便と感じる部分もあるでしょう。

このページでは「メールチンプ(Mailchimp)」の特徴や導入前に知っておくべき注意点について解説します。

一通り読むことで「メールチンプにはどんな特徴があるのか」という疑問も解決できるため、メールチンプの導入後のイメージが持ちやすくなるでしょう。

メールチンプ(Mailchimp)とは?

メールチンプ

出典:mailchimp.com

メールチンプ(Mailchimp)とはメールチンプ社が提供するメール配信サービスで、世界中で1,300万以上もの企業が導入しています。

オートメーション機能を使えば顧客1人1人の行動に合わせた最適なメールを配信し、顧客に有益な情報を提供することができます。

一方、メールチンプ独自の機能名称は他のメール配信システムに慣れているユーザーにとっては少し取っ付きづらいと感じさせてしまう恐れがあるでしょう。

メールチンプの4つの特徴

1. レポート機能、分析機能をメルマガ配信の改善に活かせる

メールチンプ レポート 分析機能

出典:mailchimp.com

メールチンプはレポート、分析機能を活用することで配信したメルマガに対して顧客がどのように行動したかの確認できます。

例えば、メールの開封率やメールに記載されたURLに対してどれだけクリックしたかなどのデータを自動でまとめてくれます。

レポート機能によってまとめられたデータを元に、どんなメールが開封率が高かったのか、開封されやすい時間帯などの傾向が一目でわかるようになり、メルマガ配信の改善に活かせるでしょう。

このレポートはパソコンだけでなく、スマホからでもアクセスでき、社員間でも共有できるのも便利なポイントです。

2. 充実のエディタで訴求力の高いメールを簡単作成

メールチンプ エディタ

出典:mailchimp.com

メールチンプでは複数のエディタがあり、このエディタを使用することで簡単にハイクオリティなメルマガ配信が可能です。

エディタの中には、マウスを使ってドラッグとドロップの操作だけでメールを作成できるエディタもあり、本来専門的な知識が必要なHTMLメールが誰でも手軽に作れます。

メール作成の操作自体はシンプルですが、14種類のレイアウトと88種類ものテンプレートを組み合わせることで自社オリジナリティのあるメールが作成できます。

一度作成したメールはテンプレートとして保存することができるため、再度メルマガ配信をする際に1から作り直す必要はありません。

複雑な操作なく訴求力の高いメールを作成できるため、社員のメール作成時間の削減にも繋がり業務の効率化も狙えるでしょう。

3. 外部サービスとの連携機能でより細かい分析が可能

メールチンプ 外部サービス 連携

出典:mailchimp.com

メールチンプは外部連携機能を使用することで、通常で搭載されているレポート、分析機能以上に詳しく消費者の分析が行えます。

特にGoogleアナリティクスなどの分析ツールと連携させることで、消費者全体の分析が可能となります。

このように連携機能を活用することで入手した情報は新たな顧客獲得に活かすことができるでしょう。

ここでは分析ツールとの連携機能についてお伝えしましたが、SNSツールとの投稿や決済ツールとの連携なども可能です

4. オートメーション機能で顧客に合わせたメールを配信

メールチンプ オートメーション機能

出典:mailchimp.com

メールチンプのオートメーション機能を使うことで、メルマガを受け取った顧客1人1人の行動に合わせてメールを自動配信が可能です。

メールチンプでは他のメール配信システムが導入しているようなステップメール機能をオートメーション機能と呼んでいます

オートメーションではステップメール以上に細かく自動配信の設定ができるため、配信したメールを読まれなかった場合にはAのメールを送信し、メールが開封され記載されたURLをクリックした場合にはBのメールを送るといった複雑な設定ができるのです。

これによってあらかじめ設定したメールを順番におくるだけでなく、顧客の行動に沿って最適なメールを配信できます。

メールチンプの利用前に知っておきたい3つの注意点

1. 基本表記が英語になっている

メールチンプは基本的に操作画面は英語表記になっているため注意が必要です。

ただ操作画面自体は初心者のユーザーにも使いやすくシンプルなものとなっています。

Google翻訳などを活用して訳しながら使用すれば問題ないでしょう。

2. 他のメール配信システムと機能の名称が異なる

国内のメール配信システムの機能の名称に慣れてしまっている場合には、メールチンプ独自の機能の名称に戸惑う可能性があります。

例えば、顧客リストやメールアドレスなどのリストを「Audience」、先ほど紹介したステップメールは「Automation」などとこの名称に慣れていない場合には迷ってしまう可能性があるでしょう。

3. 無料版ではステップメール機能が使えない

メールチンプの無料版ではステップメール機能は利用できません

以前はメールチンプの無料版でもステップメール機能が利用できましたが、2020年にシステムの仕様に変更点が加わり、無料版はステップメール機能が使えなくなってしまいました。

メールチンプの料金プラン・かかる費用

メールチンプの料金プランについて紹介します。

プラン月額料金
フリープラン0円
エッセンシャルプラン1,150円
スタンダードプラン1,750円
プレミアムプラン34,500円

メールチンプは無料で使えるプランも用意されており、メルマガの登録件数が2,000件以下・配信するメールが12,000通以内と無料機能とは思えないような幅広い範囲をカバーしています。

またステップメール機能であるオートメーションこそ使えなくなってしまったものの、レポート機能やアンケート機能といった分析やマーケティングに役立つ機能があるため、フリープランでも十分な力を発揮してくれるでしょう

メールチンプの評判・口コミ

良い評判・口コミ

とにかく安くて、高機能です。

ランディングページやHTMLメールなどもノーコードで高品質なものをが作成できるのが良いです。

また、メールアドレスにラベルを張れるので、疑似的にMAのような形で使用できるのも良かったです。

その他、FaceBookのリード獲得広告と連携できたので、リード獲得してからすぐにステップメールの配信ができるのは個人的にお気に入りの点でした。

引用:ITreview

大きなサイトではないので、会員数が現在1600人ほど。

このmailchimpであれば、その人数なら無料で配信出来てしまいます。

しかも12000配信までなので、毎週配信しても大丈夫という。

この程度の会員数のメルマガなら本当にお得に使えるソフト。

その上基本的な機能に加えて、htmlメールが作成出来たりLANDINGページもつくれたりと機能も通常のソフト並みかそれ以上を有しています。

引用:ITreview

悪い評判・口コミ

海外製というのもあるのですが、データ連携ができる日本製ツールが少ない点です。

APIが公開されているので、そちらで連携することは可能ですが、ツール内で連携できるものが増えればうれしいです。

引用:ITreview

気を付けないといけないのは、この無料プラン。

無料の範囲内であれば一切問題無いのですが、メルマガ会員の伸びが早くうっかり2000人を超えてしまっていたとなった場合は、当然料金が発生します。

あとで支払いをとるのではなく、メールアドレスを設定した時点で告知を出すなり何かしてほしい。

引用:ITreview

まとめ

メールチンプは無料プランでもメルマガ登録者数2,000件、メール配信数が12,000通とフリープランの中でも機能が充実しているのが特徴でした。

一方、操作画面は基本的に英語表記となっているため英語に対する苦手意識があるユーザーにとっては使いづらいという印象を受けてしまうかもしれません。

-メール配信サービス

© 2021 Bizpicks [ビズピックス]|起業家・経営者のためのIT情報メディア