宅配クリーニング

プラスキューブの評判と口コミを徹底調査!利用前に知っておくべき全知識

プラスキューブ

プラスキューブが実際どのような宅配クリーニングなのか気になっていて、利用を迷っている方もいるのではないでしょうか。

プラスキューブは品質重視の宅配クリーニング店で大切な洋服やブランドスーツのクリーニングに最適であるといえます

一方で、品質が高い分料金もやや割高で、納期は一週間以上かかることがあるため事前に注意が必要です

このページでは、「プラスキューブ」の特徴や利用前に知っておきたい注意点を解説します。

一読することで、「そもそもプラスキューブを利用すべきか」など失敗しないためのポイントがわかります。

プラスキューブとは?

プラスキューブ

出典:plus-cube.com

プラスキューブ」は、徳島県内に8店舗を構えるクリーニング業「有限会社いすい」が運営する1959年創業の老舗の宅配クリーニングです。

現社長は元紳士服のデザイナーで、ネットショップでのクリーニング品質に対するお客様の不満を目にするようになったことがきっかけで、家業を継ぐ形でプラスキューブの代表になりました。

「プラスキューブ」という名前の由来は、デザイナーの経験を活かしたデザイン性・真心のあるサービスをプラスしたいという思いを込めて名付けられました。

料金は割高で、納期が長めですが、衣類のシルエットを崩さないアパレル仕上げや、お客様ごとに洗う個別クリーニングなど、妥協をしないクリーニングでお客様の信頼を得ています。

評判・口コミでわかる!プラスキューブの4つの特徴

1. 真心・デザイン性をプラスした豊富なサービス

プラスキューブ

出典:plus-cube.com

プラスキューブは通常のクリーニングにはない、いくつものサービスを導入しています。

標準サービスも充実しており、衛生面、生地のダメージ、風合いなどに気を配り、以下のようなサービスによって、新品のように仕上げてくれるのです。

  • 見知らぬ人の衣類を分けて行う個別洗い
  • 衣類を傷めず、シワをつくらない専用の脱水機で脱水
  • 縮んだり傷んだりしない静止乾燥機
  • 立体感を復元するアパレル仕上げ
  • 染色補正も可能なシミ抜き
  • 抗菌・消臭・帯電防止加工
  • ワイシャツのボタン付け

ノーマルのコースである「キューブセレクト」にも適用されています。

どのようなコースでも、常にこだわりのあるサービスをしてくれるのです。

2. 更なるサービスをプラスする「キューブプレミアム」

プラスキューブ キューブプレミアム

出典:plus-cube.com

キューブセレクトよりさらに丁寧に仕上げたい場合はキューブプレミアムがおすすめです。

傷んだ繊維にハリを与え、しなやかな風合いを施すため、カシミヤやアンゴラといったツヤや滑らかさが特徴の衣類に効果的です。

さらに型崩れしにくい高級立体ハンガーと、通気性に優れた不織布がかかった状態で届くので、そのまま収納可能です。

念入りに仕上げたい場合はキューブプレミアムも検討するのが良いでしょう。

3. 汚れをていねいに落とし、立体感を再現する「スーツ水洗い」

プラスキューブ スーツ水洗い

出典:plus-cube.com

プラスキューブオリジナルの洗濯層は、繊維を傷めないようにするために、洋服を動かさずに水洗いをすることが可能です。

スーツ素材に優しい専用ネットに包み、環境にもスーツにも優しい洗剤「海へ」を使用し、バブル洗浄とバイブレーターを同時に施すことで、水と洗剤が繊維の奥までしっかり浸透することで、縮まないように洗うことができます。

さらに最終仕上げでは、一流アパレルメーカーで使用されている全16種の機械を導入しており、各パーツに合わせて対応しているので、本来のフィット感と立体感を復元することが可能です。

紳士服デザイナーの経験を活かしたスーツ水洗いもプラスキューブの大きな特徴です。

4. ハリとソフトな風合いを復元する「エアリーワイシャツ」

プラスキューブ エアリーワイシャツ

出典:plus-cube.com

ワイシャツを大事に仕上げるならエアリーワイシャツがおすすめです。

通常のクリーニングでは、時間短縮のために、濡れた状態で長時間にわたり高温のプレスをかけて、乾燥と成型を同時に行っています。

しかしそれだと高温にさらされる時間が長いため、生地が傷み、柔らかな風合いを損ねてしまいます。

一方プラスキューブのエアリーワイシャツは、パリッとした見た目とソフトな着心地になる工夫がされています。

乾燥させてからプレスを行うことで、短時間のうちに低温で済ませることができるので、生地の傷みを最小限に抑えて体にフィットした仕上がりになるのです。

さらに機械メーカーといすいが共同開発した世界初のプレス機「AK656」によって、シャツのエリ・カフス・前立ての縮んだ繊維を修正・復元できます。

ワイシャツのポイントであるエリ元を「カラーブロッキングマシン」によって整え、ネクタイの通りをスムーズにする仕上げも可能です。

包装にも気を配っており、収納性があり、エリがつぶれにくいたたみ仕上げを施します。

他店のクリーニングでは傷みなどが気になる方でも、安心して依頼できます。

プラスキューブ利用する前に知っておきたい2つの注意点

1. 他社より料金が高い

仕上がりについての不評は見当たりませんでしたが、料金が高く感じる方はいらっしゃいました。

以下は保管有りの料金比較です。

5点パック10点パック20点パック
プラスキューブ
(キューブセレクト)
9,500円18,000円32,600円
リナビス8,550円11,700円19,800円
せんたく便7,980円10,980円16,980円

衣類の点数が高くなるにつれて、他社との料金差が大きくなっていきます。

また、割引キャンペーンやクーポンもありません。

品質にこだわりがある分、料金は高めなので、普段着や薄手の衣類のクリーニングにはあまり適しません。

単品制のクリーニングに依頼すると1着当たりの費用が高くなる厚手のアウターや、ブランドなど大事に洗ってほしい衣類を依頼すると比較的に割に合います。

また、保管しない衣類を依頼することで、1着につき200円の保管料を浮かすことができます。

2. 受け取りまでに1週間以上かかることもある

プラスキューブは納期が早くありません。

申し込みから2~3日では届くのが難しく、衣類によっては1週間以上かかることもあります。品質を重視しており、個別で洗ったり、しっかり乾燥させたりして、時間をかけているためです。

必要なときに着用できるように、余裕のあるタイミングで依頼しましょう。

【結論】プラスキューブはこんな人におすすめ

プラスキューブの利用をおすすめできる人

  • 通常よりも新品のように仕上げてほしい人
  • ワイシャツをキレイにしたい人
  • スーツをキレイにしたい人

プラスキューブは衛生面や繊維のダメージ、シルエットなどに対し、通常のクリーニングよりも気を配ってキレイに仕上げてくれます。

また、スーツやワイシャツに対しても、紳士服デザイナー経験を活かしてていねいに仕上げてくれるので安心して依頼することができます。

一方で、安さを重視する方や急ぎの方にはおすすめできない点があります。

プラスキューブは品質重視なため、手間をかけることで料金が高くなり、仕上がりに時間がかかります。

そのため、一般的なクリーニング品質でかつ納期の早い「リネット」や「ネクシー」の利用を検討するのが良いと言えます。

プラスキューブの利用の流れ

手順1. 公式サイトから注文・申込み

プラスキューブ公式サイト」からご希望のコースを選択します。

「オプション:」で保管の有無を選択します。

注文数も設定可能です。

会員登録手続き

利用規約に同意して、会員登録ページにて、名前や住所など入力します。

会員登録完了メールが届くので、内容を確認して、再度ログインしてください。

専用キットの住所設定

再度ログインをしたら、専用キットの送り先を設定します。

登録時の住所であれば、「選択したお届け先に送る」を選択しましょう。

支払い方法の選択

カード決済・銀行振込・代引きから選択します。

カード決済の場合、注文時に決済します。

銀行振込の方は注文から1週間以内に指定銀行あてに振り込みましょう。

代引きの場合、衣類が届くタイミングで支払います。

配送の手続き

集荷キットの受け取り時間帯を選びます。

日にちは指定できませんのでご注意ください。

注文完了後、3営業日以内に届きます。

「銀行振込」の場合は入金を確認後、3営業日以内に発送されます。

納期のほうは通常便かお急ぎ便、どちらかを選択してください。

問い合わせの項目に、何か気になることがあれば入力しましょう。

内容の確認・確定

注文内容を確認して、問題なければ利用規約に同意します。

クレジットカード払いの場合、カード情報を入力して注文完了です。

注文完了メールを見て、内容に問題がないか確認しましょう。

他にもオプションを追加したい場合は問い合わせによって依頼できます。

料金は見積もりで決定します。

手順2. クリーニングに出す衣類の梱包

集荷キットの中身は以下の通りです。

  • ナイロン袋
  • 不識布袋(550×460×33)
  • ご利用手順書
  • 申込書
  • 要望書
  • 佐川急便の営業所案内書
  • 送り状

汚れやほつれなど気になる箇所があれば要望シートに記載して、衣類と一緒に送ります。

衣類は雨天の配送でも濡れないように、ナイロン袋に入れて、不織布に梱包しましょう。

注意1. 取り扱いできない衣類を確認

プラスキューブで取り扱いできない衣類は以下の通りです。

  • 毛皮
  • 皮革製品(フェイクファーは可)
  • 着物類
  • バッグ
  • 布団
  • 濡れているもの
  • 下着類
  • ドライクリーニングや水洗いができないもの
  • 汚れ・ニオイがひどいもの
  • 穴、破れがひどく、クリーニングが不可能だと判断したもの
  • 洗濯表示がないもの
  • その他、クリーニングが難しいと判断したもの

合成皮革やポリウレタンコーティングは、クリーニングによりひび割れ、ベトつき、剥離が発生する可能性があることを了承することで取り扱いが可能になります。

対象外のものを全て送った場合、往復送料は利用者が支払います。

取り扱い可能な衣類なのかを確認しましょう。

注意2. 衣類のカウント方法の確認

スーツやアンサンブルなど組み合わせの衣類も2点としてカウントされます。

注文着数を超えた場合、追加料金が発生します。

注文着数が予定よりオーバーしないように注意しましょう。

手順3. 集荷依頼・発送

離島・一部地域を除いて送料無料ですが、提携している宅配会社以外を使用した場合は有料になるので注意してください。

提携している佐川急便に、希望の日時に集荷してくれるように依頼しましょう。

集荷キットを発送した後から衣類の集荷前までのキャンセルの場合は、キャンセル料金が発生するので注意しましょう。

手順4. 受け取り・仕上がりチェック

宅配業者が指定した場所へ届けてくれます。

仕上がりに不満なら再仕上げしてくれる

不満な箇所を再仕上げすることが可能です。

ただし、一度も再仕上げを行った衣類は取り扱いできません。

また、補償期間が1週間なので、届いたらすぐに確認しましょう。

伝票とタグも必要なので、忘れないように注意しましょう。

まとめ

プラスキューブは、社長の紳士服デザイナーの経験を活かしたていねいなサービスが特徴の宅配クリーニングです。

衣類の繊維にこまめに気を配っており、衛生面やデザイン性に優れている反面、料金が高く、仕上がりに時間がかかることもあるため、品質を重視している方におすすめです。

スーツやワイシャツなど、通常よりも新品のように仕上げてほしい方はぜひ試してください。

-宅配クリーニング

© 2021 Bizpicks [ビズピックス]|起業家・経営者のためのIT情報メディア