メール配信サービス

ワイメールの評判・口コミ・料金・使い方を解説

ワイメール

「ワイメールって安いの?」「使い勝手は良いの?」などと疑問を感じる方も少なくありません。

ワイメールは配信数・読者登録数無制限で月額4,980円で利用できるメール配信サービスです

メールの配信数が無制限であることが強みである一方で、「設定が多すぎる」「配信数が少ない人にとって割高」などといったデメリットもあるため注意する必要があります。

このページでは「ワイメール」の特徴や利用する前に知っておきたい注意点を解説します。

一読することで「そもそもワイメールを利用すべきか」など失敗しないためのポイントがわかります。

ワイメールとは?

ワイメール

出典:y-ml.com

ワイメールは株式会社イグレックスが運営しているメール配信サービスです。

月額4,980円でメール配信数・読者登録数を無制限で利用でき、多機能かつ豊富な設定機能により、メールをよりハイクオリティかつ円滑に配信できるようなサービスになっています。

一方で、他社サービスのほうが、「使いやすい・設定が楽」といった理由からワイメールを使う機会を逃してしまう可能性があるため、利用前にしっかりとワイメールについて理解しておかなくてはなりません。

ワイメールの3つの特徴

1. 配信数・読者登録数の制限がないため大量配信が可能

ワイメール IDMS機能

出典:y-ml.com

ワイメールは、月額4,980円でメールの配信数と読者登録数を制限なく利用できます

ワイメールがメール配信数と読者登録数を無制限で提供できるのは、独自開発したIDMS機能によりサーバーの負荷状態をコントロールしているため、大量のメール配信をほぼ確実に処理できるからです。

一般的なメール配信サービスはサーバー負荷を軽減するためにメールの送信数や読者登録数に上限があったり、従量課金を設けてたりしていますが、ワイメールは定額で何通でもメール送信できるためメールの配信数が多いという方にとっては費用対効果が高いサービスであるといえます。

2. 多機能かつ豊富な設定機能

ワイメール 機能

出典:y-ml.com

ワイメールはスマホ向けの配信を想定した設定があることが他社にはない強みです。

具体的には、QRコードの作成やスマホの絵文字への対応、携帯ドメイン設定などをが可能です

また、ワイメールではメルマガだけでなく、ステップメールの送信ができます

例えば、「予約後の確認メール→前日の予約確認→予約当日のメール→来店後のメール」などのようなステップメールを送信することも可能です。。

あくまで一例にすぎませんが、他にも数多くの便利な機能が盛りだくさんな機能性に優れたメール配信サービスです。

3. メールの到達率を高める2つの機能

ワイメール IPウォームアップ IP分散

出典:y-ml.com

ワイメールでは、メールの到達率を高めるための2つの機能が備わっています。

  • 自動IPウォームアップ機能
  • 複数IP分散機能

簡単にいうと、自動IPウォームアップ機能で送信制限を自動化することでメールの到達率をあげ、複数IP分散機能は配信トラブルを減らすことでメールの到達率をあげることができます。

自動IPウォーム機能

自動IPウォームアップ機能は、受信ブロックを防ぐための機能です。

適切に決められた配信スケジュールをもとに徐々にメールの配信数を増やしていくことメール受信をブロックされるリスクを軽減できます。

複数IP分散機能

複数IP分散機能も受信ブロックを防ぐための機能です。

複数の専用IPアドレスを自動的に切り替えてメール配信を行うことで、2つや再送処理による遅延を防ぐことができます。

ワイメールの利用前に知っておきたい3つの注意点

1. 機能が多いため学習コストがかかる

ワイメールは非常に多機能なため、使いこなすまでに学習コストがかかることを想定しておきましょう。

ワイメール導入の前に、「自分のメール配信でしたいこと」「そのためにどんな機能を使う必要があるのか」といったような理解と、機能に関する事前学習が必要となり、特に初心者などのメール配信の知識がない人は使いこなすまでに時間がかかる可能性があります。

2. 複数IP分散機能が有料オプション

メールの到達率を上げる複数IP分散機能は、オプションのサービスになるため以下の追加料金が発生します

プラン6か月契約12か月契約
8IPプラン7,480 円7,100円
16IPプラン11,600円11,020円
32IPプラン19,800円18,810円

このオプションには「受診ブロック自動回避※1」という機能もあわせてついてきますので、以上の二つの機能での料金になります。

3.メール配信に力を入れていない人にとっては割高

ワイメールはそこまでたくさんメール配信をしないのであれば割高となる可能性もあります。

無制限という点でメール配信をたくさんする人にとってはお得ではありますが、メール配信に力を入れていない人にとってはAutoBiz(3,520円)やオレンジメール(2,480円)などのほうが月額料金に関してはお得です。

4. ワイメールの料金プラン・かかる費用

ご契約期間1か月あたりの料金初期費用
当月払い4,980円10,000円
6か月分前払い5,460円
12か月分前払い5,250円

ワイメールに限らず他のサービスでもかかる費用ですが、月額料金以外にシステム導入をする初期費用10,000円が発生するので把握しておく必要があります。

ワイメールの評判・口コミ

良い評判・口コミ

メルマガの種類・登録件数・配信数いずれも制限がないのが魅力

[中略]サーバースペックの許す限りというのが条件ですが、メルマガの種類、登録件数、配信数いずれも制限がないのが魅力です。

IPも占有です。[中略]

引用:itreview.jp

ステップメールや定期メールが遅れるから便利

[中略]メルマガだけでなく、ステップメールも遅れるので大変便利。

また、定期メールも遅れるので、送信忘れもなく、都度都度送るよりも工数削減が見込めます。[中略]

引用:itreview.jp

悪い評判・口コミ

不達リストをメールマガジン間でも共有出ると良い

[中略]複数のメールマガジンを作ることができるのは良いのですが、できれば不達リストをメールマガジン間でも共有出ると助かります。[中略]

引用:itreview.jp

コンテンツ作りを効率化できると良い

[中略]コンテンツ作りにはかなり時間と人員がかかるので、そこまで含めて効率化できるソフトになっていると良いなと思います。[中略]

引用:itreview.jp

まとめ

ワイメールは月額4,980円でメールの配信数と読者登録数が無制限で利用できるサービスです。

独自開発のIDMS機能によって大量のメールを送信することも可能であるため、大規模でメール配信を行う配信者には特におすすめできるサービスです。

一方で、メール配信にあまり力を入れていない人にとっては、かえって他のサービスを利用したほうがお得ということもあるので注意する必要があります。

-メール配信サービス

© 2021 Bizpicks [ビズピックス]|起業家・経営者のためのIT情報メディア