Benchmark Email(ベンチマークEメール)の特徴・評判・口コミ・料金・使い方を解説

Benchmark Email

Benchmark Emailの利用を検討している方の中には「どんな機能があるのか」、「料金はどれくらいかかるのか」など気になっている方が多いです。

結論から言うと、Benchmark Emailは500種類以上のデザインテンプレートで簡単にHTMLメールが作成でき、さらにステップメールも組める無料プランが用意されているので、メルマガ初心者におすすめのサービスです

一方、メール到着率を重視する方、メールの設定が面倒に感じる方にはおすすめできません

このページでは「Benchmark Email(ベンチマークEメール)」の特徴や利用する前に知っておきたい注意点を解説します。

一読することで「そもそもBenchmark Emailを利用すべきか」など失敗しないためのポイントがわかります。

目次

Benchmark Email(ベンチマークEメール)とは?

Benchmark Emailとは、アメリカ・カリフォルニア州に本社がある「Benchmark社」が開発した、クラウド型のメルマガ配信システムです。

500種類もの豊富なテンプレートや見やすいレポート機能、さらに料金の安さが特徴で、他社から乗り換える方も多い人気のメール配信サービスです。

機能は制限されるものの、毎月250通までは無料で配信できるプランも用意され、乗り換える際のお試しとしても利用できる点が魅力的です。

Benchmark Emailの4つの特徴

1. 500種類以上のテンプレートで直感的にメール作成が可能

Benchmark Emailのメール編集画面には、テキストボックスやボタンなど500種類以上のテンプレートが用意されており、HTMLメールに慣れていない方でも、簡単に好みのレイアウトをデザインできます。

また、使用したい画像もドラック&ドロップでメールに挿入する事ができるので、直感的なメール作成が可能です。

テンプレートといっても、スタイリッシュでおしゃれなデザインが多くあるので、見た目にこだわりたい方でも安心して利用できます。

2. エディタ内で画像編集が可能

Benchmark Emailには画像加工ツールが備わっているため、画像のトリミングや色味変更などを簡単に行うことができます

一般的に画像加工をするには、Photoshopなどの画像編集ソフトを利用する必要がありますが、Benchmark Emailの画像加工ツールを使えば、その手間を省けます。

メール作成の一連の操作を1つのツールで完結できるのは、初めてメルマガを利用する方にも分かりやすく便利です。

3. 充実のレポート機能

Benchmark Emailでは、メルマガ配信と同時にリアルタイムレポートが開始され、開封率やクリック率などを確認できます。

レポートで確認できる主な項目は以下の通りです。

  • 開封率
  • リンククリック
  • 返信停止数
  • エラー件数
  • 閲覧デバイス
  • 開封された曜日や時間
  • メール転送数

メルマガ配信では、これらのデータを分析して改善していくことで成約率アップなどが得られるので、レポートが充実しているというのは、メール信者にとって重要な要素です。

4. 300以上のWebサービスとAPI連携できる

Benchmark Emailは、300以上のWebサービスと連携しており、理想の顧客を簡単にリストアップできます。

主に以下のWebサービスとの連携が可能です。

  • Slack
  • eBay
  • WordPress
  • LiveChatFreshdeskGrooveZendesk
  • PayPal
  • EC-CUBE

例えば、連携しているPayPayからは決済時に入力したメールアドレスをBenchmark Emailに取り込むことや、チャットサービスや予約サービスなどのアプリからも、入力されたメールアドレスを取得することなどが可能です。

Benchmark EmailのAPI連携を利用することで、簡単に自分の理想の見込み客をリスト化できるので、メルマガ配信の開封率やクリック率の反応を効率よく上げられます。

Benchmark Emailの利用前に知っておきたい3つの注意点

Benchmark Emailは、HTML初心者でも扱いやすいメルマガ配信サービスですが、注意点もいくつかあります。

1. 無料版はあくまでお試しプラン

Benchmark Emailの、無料プランはあくまでお試しプランです。

HTMLエディタやステップメールは一通り利用できますが、月の配信可能メール数が250通と少なく、本格的にメールマーケティングを行うにはメール配信数が足りません。

メルマガ配信は、長期的に新規読者を増やしていくことで、自社商品やサービスを販売していくので、無料プランで配信し続けるのはおすすめできません。

2. サポートはメールのみ

Benchmark Emailでは、電話による問い合わせは対応しておらず、メールのみとなります

メール対応は平日のみで、時間もAM10:00からPM12:00、PM13:00からPM17:00と限られています。

トラブルが起きた時に、すぐ電話で相談出来ないので、メールの問い合わせだけでは不安に感じる方にはおすすめできません。

3. 配信先のメールアドレスによっては送れない場合がある

Benchmark Emailでは、同じ文字列が続いているメールアドレスに配信ができません

例えば、「aaaa」などが続いた場合は、Benchmark Email側がエラーと判断して弾かれる仕様になっています。

現時点での改善方法はありませんので、この仕様が気になる方にはおすすめできません。

Benchmark Emailの料金プラン一覧

Benchmark Emailには、無料プランと有料プランが用意されていて、使用用途やリスト数に応じてプランを選ぶことになります。

プラン名 月額料金 月間配信可能数 登録可能メールアドレス
無料プラン 0円 250通 10.000件
1,000プラン 2,800円 無制限 1,000件
2,500プラン 4,500円 2,500件
5,000プラン 6,500円 5,000件
7,500プラン 8,400円 7,500件
10,000プラン 10,000円 10,000件
20,000プラン 18,000円 20,000件
30,000プラン 24,000円 30,000件
40,000プラン 30,000円 40,000件
50,000プラン 36,000円 50,000件

表にある50,000プラン以上も用意されており、対象マーケットの規模に合わせて選択すると良いです。

有料プランである「1,000プラン」では、月額2,800円がかかりますが、無料プランで制限されているランディングページ作成などの機能が使えるようになります。

一般的なメール配信サービスの中では、低めの料金設定なので、気軽にメールマーケティングを始めてみたい方におすすめです。

Benchmark Emailの評判・口コミ

良い評判・口コミ

リスト数が少ない間は無料で使えるし、その間でも機能制限ない

初期で複数メルマガ運営に向いている

LINE登録&ECの注文がたくさん入ってきている

悪い評判・口コミ

登録フォームがhtml形式で貼り付けると動かない

すぐに迷惑メールに入っちゃう気がする

最近調子悪くて、今朝のメルマガも配信されてない

まとめ

Benchmark Emailは、HTMLに詳しくない方でも簡単にHTMLメールを作成できるメール配信サービスです。

直感的なエディタや多くのテンプレートの採用、さらに月額料金の安さなどメルマガ初心者でも、気軽に取り組めるシステムです。

また、無料プランであってもステップメールを組み、小規模マーケティングが可能な点も嬉しい所です。

一部メールが届きにくいなど、不安要素はあるものの、これからメルマガを始めたい方には非常におすすめのサービスです。

このページをシェアする
目次
閉じる