ファクタリング

ネクストワンのファクタリングってどうなの?評判・口コミ・手数料などを解説

ネクストワン ファクタリング

「ネクストワンにはどんな機能があるのか」「ほかのサービスと比べて手数料は安いのか」など導入前に気になっている方も少なくありません。

ネクストワンでは他のファクタリングサービスから乗り換えた場合に、手数料を割引するキャンペーンを実施しているため、他のファクタリングサービスと比べて手数料を抑えることができます

一方、個人事業主や一部の業種ではサービスを利用できないため、フリーランスや個人事業主にはおすすめできません

このページでは「ネクストワン」の特徴や利用前に知っておきたい注意点を解説します。

すべて読むことで「そもそもネクストワンを利用すべきか」など失敗しないためのポイントがわかります。

ネクストワンとは?

ネクストワン ファクタリング

出典:next1-one.jp

ネクストワン」は株式会社ネクストワンが運営するファクタリングサービスです。

売掛債権買取率が96%と非常に高く、信頼できる実績のあるサービスといえます。

ネクストワンの基本情報

会社名株式会社ネクストワン
本社所在地東京都千代田区内神田3-24-4 9STAGEkanda 6F
対応エリア全国
対象(法人・個人事業主)法人のみ
取引可能額30万円~上限なし
2社間ファクタリング
手数料5%~10%
3社間ファクタリング
手数料1.5%~4%
事務手数料無料
入金スピード最短即日〜

ネクストワンの4つの特徴

1. オンライン型ファクタリングに対応しているため全国どこでも利用可能

ネクストワン オンライン型ファクタリング

出典:next1-one.jp

ネクストワンでは審査から契約まですべてオンライン上で完結させるオンライン型ファクタリングに対応しています

ファクタリング会社に訪問する必要のある会社も多く、お住まいの地域にファクタリング会社が無い方にとっては利用できないサービスでした。

しかし、ネクストワンでは業界シェア80%にも及ぶ電子契約サービス「クラウドサイン」を利用した電子契約に対応しているため、全国どこからでもサービスを利用できます。

また、クラウドサインは情報セキュリティマネジメントについての国際標準規格である「ISO 27001(ISMS)」の認証を取得しているのでセキュリティ面も安心といえます。

2. 手数料が業界最安水準

ネクストワン ファクタリング 手数料

出典:next1-one.jp

ネクストワンの3社間ファクタリングでは手数料が業界でも最安水準に設定されています

3社間ファクタリングの平均的な手数料は1%~10%に設定されていることが多いものの、ネクストワンでは1.5%~4%の手数料で抑えられます

サービスを利用するためには売掛先に承諾を得る必要がありますが、ネクストワンから売掛先への連絡は一切行わないため、サービス利用者の経営状態などの秘密が漏洩することはありません。

また、2社間ファクタリングでも手数料は5%~10%と他のファクタリングサービスと比べても比較的安く設定されています。

3. 即日入金で資金調達もスピーディーに

ネクストワンは審査から入金まで最短で即日入金が可能なファクタリングサービスです

審査に必要な書類をそろえて提出すれば、わずか1時間ほどで審査は完了します。

上記の項目で紹介したように、書類の提出はメールなどオンライン上で完結するため、面談の必要もなくスムーズに手続きが進みます。

また、買取の申込の受付は24時間対応しており現金が必要なタイミングですぐ申込みができるので、社員の給与の支払いや事業継続に不可欠な資金がすぐに調達可能です。

4. 他社のファクタリングサービスからの乗り換えで手数料割引き

ネクストワンでは他社のファクタリングサービスから乗り換えで、「手数料割引キャンペーン」を実施しています

平均で10%ほど手数料が割引になるので、他社のファクタリングサービスよりも安い手数料で売掛債権を買い取ってもらえるのです。

月間で約50件近くのサービス利用者がネクストワンに乗り換えており、その98%近くが満足しているとの結果が出ています。

以上からネクストワンに乗り換えることで売掛債権の買取手数料を抑えてお得に資金調達ができるといえます。

いきなり乗り換えは気が進まないという方は、まずは気軽にお問い合わせください。

ネクストワンの利用前に知っておきたい注意点

1. 個人事業主や一部業種では利用不可

ネクストワンは法人専門のサービスであり、個人事業主や一部の業種では利用できないため注意が必要です

公式ホームページによると風俗業は利用不可となっています。

2. 契約時に必要な書類が多い

ネクストワンでは審査、契約時に必要な書類が非常に多いというデメリットがあります。

審査の際に必要な書類は以下の7種類の書類が必要です。

  • 身分証明書(免許証・パスポートなど顔写真付き)
  • 会社謄本(履歴事項全部証明書)コピーでも可
  • 決算書(直近2期分)
  • 売掛先への請求書
  • 成因資料(契約書・納品書・注文書・発注書など)
  • 入出金の通帳・当座勘定表(当座をお持ちの場合)
  • 小切手帳・手形帳(当座をお持ちの場合)

続いて、契約時には下記の4つを準備する必要があります。

  • 印鑑証明(買取先の件数により変わります)
  • 会社謄本(履歴事項全部証明書2通)
  • 納税証明書
  • 社判・実印

オンライン契約の場合には書類をスキャンして、メールで送付すればいいのですが、これだけの書類を準備するだけでもかなりの時間を要するでしょう。

ネクストワンの評判・口コミ

良い評判・口コミ

申し訳ないが、独立以前は銀行員だったので、ファクタリングを一段下に見ていた。しかし、連絡から3日後には入金が実行され、見る目が変わった。手数料は現場の粗利の範囲内で、現場監督からの受けは良い。 アフターフォローも丁寧。私自身、行員時代は得意先以外の企業とは疎遠な関係だったが、ネクストワンは2回しか利用していない当社に対し、何かと気遣いを見せてくれるのがありがたい。

引用:fackomi.com

悪い評判・口コミ

最後までオンラインで行けます。ただ、全く顔を合わせないのも不安だったので、zoom面談大丈夫ですか?と尋ねたら快く承諾頂けました。 大したことを聞いたわけでも、聞かれたわけでもありません。ただ、オンラインだとすれ違いのリカバリーが難しいので、一度意見をすり合わせておこうと。

引用:fackomi.com

まとめ

ネクストワンではオンライン契約に対応しているため、全国どこでもサービスを利用できます。

契約や審査はすべてオンライン上で完結するので、審査には約1時間、最短で即日入金も可能と非常にスピーディーなサービスといえます。

一方、個人事業主や一部の業種の方はサービスが利用できないため、個人事業主やフリーランスの方にはおすすめできません。

-ファクタリング

© 2021 Bizpicks [ビズピックス]|起業家・経営者のためのIT情報メディア