ネットショップ

おちゃのこネットの利用前に知っておきたい4つの注意点!評判・口コミも解説

おちゃのこネット

おちゃのこネットの利用を検討する際に「料金は本当に安い?」「使いやすい?」と疑問を抱く方も少なくありません。

結論からいうと、おちゃのこネットの500円で利用できるライトプランは独自ドメインが利用できないこと、機能面で多くの制限があります。

また、レギュラープランに関してもコスト面や費用面を踏まえるとBASEやShopifyの方が優れていると感じます

このページでは、ECコンサルタントである筆者が「おちゃのこネット」の特徴と利用前に知っておきたい注意点を解説します。

「そもそも、おちゃのこネットを利用すべきか」など、おちゃのこネットで失敗しないためのポイントがわかります。

おちゃのこネットの特徴

おちゃのこネット

出典:ocnk.net

おちゃのこネット」は、月額500円から利用できるネットショップ作成サービスです。

3種類の料金プランがあり、どのプランでも初期費用と販売手数料が無料で、費用面でも運用しやすいことが特徴です。

月額500円から利用できる

おちゃのこネットを3分チェック

おちゃのこネットの利用前に知っておきたい4つの注意点

1. 独自ドメインの移管に手間と費用がかかる

また、おちゃのこネットを独自ドメインで利用する方法は以下の2つです。

  1. おちゃのこネットでドメインを取得する
  2. お名前.comなどの業者からドメインを取得する

おちゃのこネットでドメイン取得する場合

おちゃのこネット内でドメイン取得する場合、独自ドメイン設定費用として6,000円ドメインの取得には以下の費用がかかります

ドメインの種類年間費用
.jp5,000円
.com/.net/.org/.info/.biz3,000円
.shop6,000円

お名前.comやムームードメインでドメイン取得する場合、.jpは年間1,800円程度、.comドメインは800円程度となることから、おちゃのこネットのドメイン取得費用は割高であるといえます。

お名前.comなどの業者からドメイン取得する場合

お名前.comやムームードメインからドメイン取得して、そのドメインをおちゃのこネットで利用するとドメイン設定費用として6,000円がかかります

ドメイン業者によっては、おちゃのこネットで対応できない場合もあります。

おちゃのこネットが推奨しているのは以下のドメイン取得業者です。

BASEやSTORESであれば独自ドメインは無料で設定できるため、独自ドメイン設定費用6,000円は大きなデメリットとなります。

2. サポートはメール対応のみ(電話対応不可)

おちゃのこネットは、電話サポートは受けていないためメールでのサポートのみとなります

ネットショップを運用する際に、画面を開きながら口頭でアドバイスをもらいたいシーンは多々あります。

おちゃのこネットでは上記のことはできないため、わからないことが解決するまでに時間と労力がかかります。

3. テンプレートのデザインがイマイチ

おちゃのこネットでは30以上のテンプレートが無料で利用できるため、簡単にネットショップを始められます。

しかし、テンプレートのデザインは少し古い印象です

おちゃのこネット テンプレート

おちゃのこネット テンプレート

競合であるカラーミーショップの無料テンプレートと同等のレベルとなり、おしゃれで見やすいネットショップで始めたい方には個人的にあまりおすすめできません。

4. 定期販売・予約販売ができない

おちゃのこネットでは、定期購入システムや予約販売の機能がありません

例えば、野菜やキャットフードなど定期販売を行う場合や、未発売のフィギュアの予約販売を行う場合が他のネットショップ作成サービスを検討するのが良いといえます。

おちゃのこネットの料金プラン

おちゃのこネットの料金プランは3つです。

ライトプランベーシックプランアドバンスドプラン
初期費用無料無料無料
月額費用500円3,000円10,000円
販売手数料無料無料無料
登録商品数100点5,000点50,000点
ディスク容量無制限無制限無制限

500円プランは機能が制限されているためおすすめしない

おちゃのこネットのもっとも安いプランであるライトプランは基本的におすすめしません。

理由としては、ネットショップの運営に必要な機能性・集客・追客機能などがほぼないからです

以下はライトプランで制限される機能をまとめた表です。

ライトプランベーシックプランアドバンスドプラン
独自ドメイン×
FTP×
利用できるテンプレート数数種類400以上400以上
レビュー機能×
レコメンド機能×
オーダーメイド販売機能×
商品一括登録×
お気に入り登録機能×
CSS編集×
Googleショッピング連携×

上記のように、ただネットショップを持って販売ができるだけとなりますので売上を上げるための機能などはほぼ備わっていません。

そのため、おちゃのこネットのライトプランの利用を検討されている方は、ランニングコストがかからず、拡張性も高いBASESTORESなどの利用した方が良いといえます。

月額500円から利用できる

おちゃのこネットを3分チェック

おちゃのこネットの決済方法

おちゃのこネットでは、クレジットカード決済やネットバンク決済、コンビニ決済など定番な決済方法がまとめられた「おちゃのこ決済」が用意されています。

おちゃのこ決済は初期費用・月額費用無料で利用できます。

※ただし、後ほど説明しますが月額最低手数料がかかります。

法人の場合
決済サービスブランド月額利用料(税抜)月額最低手数料(税抜)決済手数料(税抜)
クレジットカードVISA/MASTER/DINERS無料無料4.0%~5.0%
JCB/AMEX無料4.0%~5.0%
コンビニセブンイレブン
ファミリーマート
ローソン
セイコーマート
ミニストップ
1,000円130円~/回
ネット銀行ジャパンネット銀行1,000円78円/回
楽天銀行1,000円4.0%
(最低40円/回)
住信SBIネット銀行1,000円78円/回
ペイジー1,000円3.5%
(最低180円/回)
電子マネーウェブマネー1,000円13.0%/回
BitCash1,000円5.5%/回
1,000円7.0%/回
電子マネーちょコム1,000円5.0%/回
1,000円7.0%/回
代引きゆうパックコレクト1,500円360円~/回
カンガルー代引1,500円360円~/回
後払い決済GMO後払い1,000円-4.0%
+180円/回
多通貨決済クレジットカード決済(多通貨)5,000円-4.0%
口座振替決済口座振替決済3,000円-売上処理料(120円/件)
登録処理料(100円/件)
個人の場合
決済サービスブランド月額利用料(税抜)月額最低手数料(税抜)決済手数料(税抜)
クレジットカードVISA/MASTER/DINERS無料無料5.5%
JCB/AMEX無料5.5%
コンビニファミリーマート
ローソン
セイコーマート
ミニストップ
-130円~/回
ネット銀行ジャパンネット銀行500円78円/回
楽天銀行500円4.0%
(最低40円/回)
住信SBIネット銀行500円78円/回
電子マネーBitCash500円5.5%/回
500円7.0%/回
代引きゆうパックコレクト500円360円~/回
カンガルー代引500円360円~/回
後払い決済GMO後払い1,000円-4.0%
+180円/回
多通貨決済クレジットカード決済(多通貨)5,000円-4.0%
口座振替決済口座振替決済3,000円-売上処理料(120円/件)
登録処理料(100円/件)

上記のほかに、GMOペイメントゲートウェイやGMOイプシロンなどの決済代行業者と連携も可能です。

売上0でも月額最低手数料がかかる

月額最低手数料とは、売上に対する月額最低手数料が下回っている場合に発生する手数料です。

ネットショップを立ち上げてしばらくは売上はないため、月額最低手数料の発生する決済方法を導入してしまうとランニングコストとなってしまいます。

おちゃのこネットの場合、クレジットカード決済の月額最低手数料は無料ですが、ネット銀行や代引などは最低手数料が発生します

そのため、選ぶ決済方法によっては赤字になる場合がありますので注意が必要です。

月額500円から利用できる

おちゃのこネットを3分チェック

おちゃのこネットの評判・口コミ

良い評判・口コミ

12年使っているが良い選択だった

ずっと使い続けているけど特に不満はない

悪い評判・口コミ

初期費用は安いが独自ドメインが高額

クロスドメイントラッキング設定ができない

月額500円から利用できる

おちゃのこネットを3分チェック

まとめ

おちゃのこネットは月額500円で利用できるネットショップ作成サービスです。

しかし、もっとも安価なライトプランでは独自ドメインが利用できないことや、機能面で制限があるため注意が必要です。

そのため、費用重視でネットショップを始めたい方は、初期費用・月額費用が無料で機能性も優れているBASEやSTORESの利用を検討することをおすすめします。

月額500円から利用できる

おちゃのこネットを3分チェック

-ネットショップ

© 2021 Bizpicks [ビズピックス]|起業家・経営者のためのIT情報メディア