ファクタリング

エスコムのファクタリングってどうなの?評判・口コミ・手数料を解説

エスコム

「エスコムにはどんな機能があるのか」「ほかのサービスと比べて手数料は安いのか」など導入前に気になっている方も少なくありません。

エスコムは法人のみならず、個人事業主から税金を滞納している利用者も問題なく利用できるため、他のサービスで利用を断られてしまった人など様々な人が資金調達が可能です。

一方、面談時に提出しなければいけない書類が多く、人によっては書類を揃えるだけでも時間がかかってしまうでしょう。

このページでは「エスコム」の特徴や利用前に知っておきたい注意点を解説します。

すべて読むことで「そもそもエスコムを利用すべきか」など失敗しないためのポイントがわかります。

エスコムとは?

エスコム

出典:scom-f.jp

エスコム」は株式会社エスコムが運営しているファクタリングサービスで87.5%と非常に高い成約率を有しています。

また、手数料が業界でも最安水準と言われており、他のサービスよりもお得に資金調達ができます。

エスコムの基本情報

会社名株式会社エスコム
本社所在地大阪府大阪市淀川区西中島4-3-21
NLCセントラルビル406階
対応エリア全国
対象(法人・個人事業主)法人・個人事業主
取引可能額30万〜1億円
2社間ファクタリング
手数料5%〜10%
3社間ファクタリング
手数料1.5%〜8%
事務手数料-
入金スピード最短翌日

エスコムの4つの特徴

1.手数料が業界最安水準

エスコム 2社間ファクタリング

出典:scom-f.jp

エスコム 3社間ファクタリング

出典:scom-f.jp

エスコムの特徴の1つに売買手数料の安さがあります。

エスコムの手数料は2社間ファクタリングであれば1.5%〜10%、さらに3社間ファクタリングなら1.5%〜8%となっており、手数料の安さでいえば業界最安水準といわれています。

3社間ファクタリングは他のサービスと比較しても大きな差はありませんが、2社間ファクタリングは手数料が平均で10%~20%に設定されているサービスが多く、エスコムの手数料の安さがわかります。

2. 電子契約に対応しているため全国の利用者がサービス利用可能

エスコムではクラウドサインを利用して電子契約することができます。

ファクタリングサービスの中には店舗に直接足を運び、面談した上で契約するという形式のサービスも多く、店舗が近くにない場合にサービスを利用できないこともありました。

しかし、エスコムではクラウドサインを介した電子契約に対応していることで、ファクタリング会社が近くにない地方に住む方も利用できるのです。

電子契約によって審査や契約の際に必要な書類をオンライン上で提出できるため、審査がスムーズに行うことができ、よりスピーディーな契約が可能になりました。

3.他のファクタリングサービスを断られた方も利用可能

エスコムは成約率87.5%の高さを誇るファクタリング会社です。

エスコムは法人だけでなく、個人事業主や設立間もない会社であってもサービスを利用できるなど様々な利用者がサービスを受けられる点が、成約率の高さに繋がっていると言えます。

このほかにも利用者が社会保険や税金を滞納している場合でも関係なく、サービスを受けられるため、他の会社で断られてしまった方もサービスを受けられる可能性が高いのです。

エスコムではコンサルティングや金融機関に精通したスタッフが対応してくれるので、まずは資金繰りに関する相談をするのもいいでしょう。

4. 最短で即日に入金できるスピード対応

エスコムは最短即日に入金するスピード対応が可能なファクタリングサービスです。

社員への給与支払いや急な仕入れなどで現金が必要になった場合に、申し込み当日に資金調達できるというのはエスコムの強みといえるでしょう。

エスコムのサービス申込から契約、入金までの流れは、まず申込時に利用者の会社概要や売掛先の情報を伝えます。

その後、審査に必要な書類を揃え、電話やメール、店頭で約1時間ほど面談を行い、審査、最終確認を経て契約が成立します。

あらかじめ必要な書類を揃えておくことで、契約までがスムーズに行われますので、前もって書類の確認をしておきましょう。

必要書類(面談時)

  • 身分証明書(免許証・パスポートなど顔写真付き)
  • 会社謄本(履歴事項全部証明書)コピーでも可
  • 決算書(直近2期分)
  • 売掛先への請求書
  • 成因資料(契約書・納品書・注文書・発注書など)
  • 入出金の通帳・当座勘定表(当座をお持ちの場合)
  • 小切手帳・手形帳(当座をお持ちの場合)
  • 納税証明書

必要書類(契約時)

  • 印鑑証明(買取先の件数により変わります)
  • 会社謄本(履歴事項全部証明書2通)
  • 社判・実印

エスコムの利用前に知っておきたい3つの注意点

1. 面談時に提出する書類が多い

エスコムは面談時に必要な提出書類が多いため注意しましょう。

前の項目で紹介したように、面談時には全部で8種類の書類を提出する必要があります。

面談や審査をスムーズに進めるためにも、前もって書類を揃えておきましょう。

2. 契約時に約1時間の面談がある

エスコムでは契約時に面談があるため注意が必要です。

面談は店舗に足を運ばなくても電話でも行えますが、対面や電話での面談に抵抗感を感じる方にとってはエスコムはおすすめできません。

メールでの面談にも対応しているそうですが、対面や電話での面談が約1時間ほどかかると考えるとメールでの面談はさらに時間がかかるでしょう。

3. 給料ファクタリングには非対応

エスコムでは給料ファクタリングには対応していないため注意が必要です。

個人事業主から法人などエスコムでは様々な利用者が利用することができますが、会社に務めている従業員の方の給料ファクタリングは行えません。

まとめ

エスコムは手数料が業界でも最安水準のファクタリングサービスです。

法人だけでなく個人事業主や税金を滞納している方でも利用できるため、他のファクタリング会社で利用を断られてしまった方にもおすすめのサービスです。

一方、契約時には電話や店舗での面談が必要になるので、他人との面談に抵抗を感じる人にはおすすめできません。

-ファクタリング

© 2021 Bizpicks [ビズピックス]|起業家・経営者のためのIT情報メディア