インターネットFAX

メッセージプラスの評判・口コミ・料金・使い方を解説

メッセージプラス

「メッセージプラスにはどんなシステムなのか」「ほかのシステムと比べてお得なのか」など導入前に気になっている方も少なくありません。

メッセージプラスはFAXデータの他に、音声データもクラウド上に保管でき、いつでもどこからでも確認することができます

一方、フリープランやトライアルプランがないためサービス導入へのハードルが高いと感じさせてしまうでしょう

このページでは「メッセージプラス」の特徴や利用前に知っておきたい注意点を解説します。

すべて読むことで「そもそもメッセージプラスを利用すべきか」など失敗しないためのポイントがわかります。

メッセージプラスとは?

メッセージプラス」は株式会社アクセルコミュニケーションズが運用するインターネットFAXです。

メッセージプラスはスマホアプリブラウザを使うことで、いつでもどこからでもFAXや音声データにアクセスでき、迅速に対応できるのが特徴です。

メッセージプラスの4つの特徴

1. メッセージ録音機能を使えば留守番電話としても使える

メッセージプラスはFAX情報だけでなく、留守番電話として音声データを保存することもできます

留守番電話が入り音声データがクラウド上に保存されると、着信があったという通知がスマホに届きます。

FAXだけでなく留守番電話も外出先で確認できることで、外出時でも遜色なく顧客からの問い合わせにリアルタイムに対応できるようになるでしょう

また外出先でも着信の有無を確認できるため、電話代行サービスを新たに契約する必要もありません。

クラウド上に保存された音声データは、電話番号別や着信日時などの条件ごとにリスト化されるため、いつのどんな内容の音声データなのかと迷うこともなくなるでしょう。

2. スマホアプリを使って外出先からでもスムーズに着信状況を確認できる

メッセージプラスではパソコン以外にもiPhone、iPad、android等の端末からアクセスが可能です

メッセージプラスでは送受したFAXや音声データはクラウド上に保管されるため、パソコン以外の端末からであってもFAXを確認することができます。

スマホからアクセスすることで「いつでも」「どこでも」すぐに着信状況を確認できるのはうれしいポイントです。

また、スマホのメッセージプラスアプリを使うことで、着信状況確認のためにいちいちブラウザを開かずとも、アプリを起動させてスムーズに確認が可能になります。

3. 手書き機能で書き込みが必要な書類もデータ上で完結

メッセージプラスは書き込みが必要な書類でも手書き機能によってデータ上で完結します

手書き機能とはその名の通り、受信したFAXデータに対して手書きで加工できる機能です。

従来であれば書き込みが必要な書類は、一度印刷して手書きでサインなどを加えたり、データとして送付する際には再度書き込みを加えたデータを読み取る必要がありました。

しかし、メッセージプラスの手書き機能を使えば、FAXデータを印刷することなくデータ上で書き込みができるため、コピー用紙や業務の無駄を削減できます。

さらにスマホからでもこの手書き機能はつかえるため、印刷用紙のない出先でもすぐに書き込みを加えて返信できるのです。

4. FAXデータを転送できるメール配送機能で情報を共有可能

メッセージプラスには受信したFAXデータを転送するメール配送機能があります

出先でFAXデータを確認できても、社内のほかの社員に確認が必要な場合やFAXデータを共有したいときにメール配送機能を使うことで、FAXデータを転送できます。

メール配送先のアドレスは最大10件まで設定できるため、データの共有が必要な関係者のアドレスも登録しておくとよいでしょう。

メッセージプラスの利用前に知っておきたい3つの注意点

1. 割り当てられる番号は050番号のみ

メッセージプラスで割り当てられる番号は050番号に固定されています。

地域や場所とは無関係に使用できる番号である反面、050番号は誰にでも設定できる番号であるため市外局番と比べて信頼度が低いという認識をもつユーザーもいるので注意が必要です。

2. 050番号以下の番号は自由に設定できない

メッセージプラスでは050番号が固定な上、050以下の番号も自動で設定されてしまいます

番号設定のタイミングはメッセージプラスの申し込みからクレジットカードによる決済が済んだ時点で番号が設定されるのです。

番号が自分で選択できないため、覚えやすい番号に設定したり、語呂合わせの番号にするといった工夫ができないため注意が必要です。

3. フリープランやトライアルによるお試しができない

メッセージプラスではトライアル期間やフリープランがないため注意が必要です

トライアル期間やフリープランを導入しているサービスもあるため、フリープランがない場合いきなり初期費用や月額料金を払わなければいけないため導入しづらいと感じさせてしまうでしょう。

メッセージプラスの料金プラン・手数料

メッセージプラスの料金プランについて紹介します。

月払い(税込)年払い(税込)
登録手数料1,100円0円
月額料金換算1,045円871円
年間料金12,595円10,450円

メッセージプラスには年払い月払いの2つの料金プランがあります。

年払いなら月払いの10ヶ月分で1年間運用でき、約2か月分の月額料金を抑えられるのです。

メッセージプラスはFAXの受信には料金がかかりませんが、メッセージプラスユーザー以外はFAX送信の際には1件につき15円の送信料金が必要になります。

1件15円の送信料金もほかのサービスと比べて少し高めで、FAX送信の機会が多い場合には「eFax」や「MOVAX」などと比べて運用費が高くなってしまうでしょう。

メッセージプラスの評判・口コミ

良い評判・口コミ

受信は便利

受信はタダなので月額998円くらいで回線引くよりはいい

私はmessege plusというインターネットFAXを利用しています。

PCのファイルをそのままメールで添付する感じでFAX送信ができますよ。

受信は画像ファイルでメールで受信するので、FAXを開いてみてプリントアウトしたいものは印刷します。

自動転送機能もあるので、自分のメーラーでも受信できるので便利です。

webログインすれば会社からでもどこでも自宅に届いたFAXを確認できるので結構便利です。

受信はタダなので月額998円くらいで回線引くよりはいいです。

使わなければ、すぐ解約できるのでお試しでも後悔しないくらいの金額かなぁって思います。

引用:知恵袋

悪い評判・口コミ

なんのメリットがあるのかわからない

まとめ

メッセージプラスは専用のアプリを使用することで、出先であってもよりスムーズに顧客から受信したFAXデータや音声データを確認できるようになります。

一方、データの送信には1件15円とほかのインターネットFAXサービスに比べて少し高めの値段設定がされているため注意が必要です。

-インターネットFAX

© 2021 Bizpicks [ビズピックス]|起業家・経営者のためのIT情報メディア